建築の島

建築とマンホールデザインのブログ

旧古河庭園

f:id:Iledelalphabet:20210624151130j:plain

 

東京・北区の旧古河庭園に久しぶりに行きました。事前予約制ですが、空いていれば予約なしでも入れるようです。

 

以前、こちらにも書きました。

iledelarchitecture.hatenadiary.jp

今回はお庭がメインなので、タイトルを変えました。

とはいえ、一度は洋館を見学してみたかったので、この機会に入ってみました。以前はガイドツアーを実施していましたが、現在は1階のみをガイドなしで見学できます(内部の写真撮影不可)。内部の様子は下記の「ギャラリー」で。

www.otanimuseum.or.jp

バラ庭園が有名なので、部屋の装飾にもバラをあしらっていたり、細かいところが凝っていました。部屋の中から庭園を眺めるのも乙です。

 

f:id:Iledelalphabet:20210624152455j:plain

  遅いバラがまだ見られました

 

さて、「新・美の巨人たち」で東京や京都の庭園が紹介されていて、「お庭を眺めたいな~」ブームが(自分の中で)到来しました。番組に出演した庭園デザイナーの方の本を読んだら、都内にも日本庭園を眺めながら抹茶を頂ける場所があると、紹介されていました。 

 

数年前、京都の「無鄰菴」に行きましたが、「無鄰菴」の庭を手がけた庭師・七代目小川治兵衛が旧古河庭園の庭も手がけていると知りました。

f:id:Iledelalphabet:20210624153451j:plain

 

f:id:Iledelalphabet:20210624153528j:plain

 

f:id:Iledelalphabet:20210624153559j:plain

 

茶室では、春と秋には抹茶が頂けるのです。

f:id:Iledelalphabet:20210624153955j:plain

 

f:id:Iledelalphabet:20210624154038j:plain

 

f:id:Iledelalphabet:20210624154112j:plain

 

f:id:Iledelalphabet:20210624154145j:plain

  紅葉の時にも来てみたい

 

茶室に近い「大滝」。タイミングによっては、茶室にいながら水の音が聞こえたかもしれません。

f:id:Iledelalphabet:20210624153645j:plain

 

庭園は東京都の管理ですが、洋館の方は公益財団法人・大谷美術館が管理しています。昨年から、緊急事態宣言が出るたびに長期休園を余儀なくされ、厳しい状況が続いているとのこと。クラウドファンディングを実施しているので、興味のある方はどうぞ。

readyfor.jp