建築の島

建築とマンホールデザインのブログ

旧醸造試験所第一工場

文化財ウィークには、普段は入れない特別公開の建築を見学できます。

まずは北区王子にある旧醸造試験所第一工場に行ってきました。着いたら丁度、ガイドツアーが始まるところでした。

f:id:Iledelalphabet:20171104154249j:plain

 設計は妻木頼黄(つまき よりなか)。明治36年の建築なので、つまり関東大震災と空襲を耐え抜いたということ。

f:id:Iledelalphabet:20171104154519j:plain

 

f:id:Iledelalphabet:20171104154606j:plain

 

f:id:Iledelalphabet:20171104154627j:plain

 

f:id:Iledelalphabet:20171104154655j:plain

このアーチ部分のレンガは、特注品だとか。

 

f:id:Iledelalphabet:20171104154857j:plain

内部は強度のあるイギリス積み、外部は見た目がきれいなドイツ積み

 

f:id:Iledelalphabet:20171104155013j:plain

旧麹室。壁が白いのは、レンガに釉薬がかかっているため。

 

f:id:Iledelalphabet:20171104155115j:plain

部屋のプレートが旧字表記

 

f:id:Iledelalphabet:20171104155317j:plain

空襲を耐え抜いた痕跡が分かります。

f:id:Iledelalphabet:20171104155638j:plain

 

f:id:Iledelalphabet:20171104155744j:plain

木枠の中にお酒が入っています。実験目的で日本酒を長期保存・検証するとか。

 

f:id:Iledelalphabet:20171104155855j:plain

外観はレンガ造りの洋館ですが、内部は酒蔵のよう。

f:id:Iledelalphabet:20171104160016j:plain

 

重要文化財 旧醸造試験所第一工場 (赤煉瓦酒造工場) | 公益財団法人 日本醸造協会

 研究所は広島に移転したとのこと。この建物を文化財とし、保存のため寄付を募っているとか。興味のある方はどうぞ。

 

自分用メモ。

妻木頼黄の建築で現存するのは、愛知県半田市の半田赤レンガ建物や、横浜の神奈川県立歴史博物館など。

妻木頼黄 - Wikipedia